インバスケット研修

ももちえです。

さくらコマース人事部主催の研修に参加しました。

今回の研修は、「インバスケット研修」。

研修の序盤は、講師の岡村さんより、インバスケットとは何か?の解説から。

「インバスケットとは限られた時間の中で、未知、未処理の案件を的確に処理していくシミュレーションゲームです。

仕事をしていると、次から次へと片付けることが増えて、優先順位に迷うことはありませんか?

今回学習するインバスケットは、優先順位をつける力、意思決定をする力を備える訓練なので、ゲームとはいえ、けっこう脳が汗をかきます。

今日は実際に体験してもらい、仕事上の課題解決にも役立てていただけたらと思います」


というわけで、参加者のみなさんはこの後、株式会社さくら芸能事務所の営業管理課・秋山課長になりきり、限られた時間でたくさんの案件を裁く個人ワークを行います。

岡村さん

「さあ、みなさんの限られた時間は90分です。よーい、スタート」


案件1

・・・辞表って、はじめて見た。


とか言ってる場合ではありません。ほんと時間ないんだから。

わたしのなりきる秋山課長は「肌スバラシーワー」って言われるハイスペック課長。辞表でひるむような男じゃない。よし、やってやる。

そんな妄想をしながら、もくもくと作業に没頭し、あっという間に90分。

結果、自分のみ解読可能なメモから、提出用紙への転載が間に合わず、出来上がりは惨憺たるありさま。

なりきり秋山課長は撃沈。もはや無精ひげはえてましたわ。


その後、ほかの秋山課長とグループセッションを行い、いろいろな考え、決断をする秋山課長がいることが分かりました。

この一連のワークでは、正解があるわけではなく、判断に至るまでのプロセスが重視されます。

どんな情報を重要と考え、どのような決断をしたか。

情報を全体的に俯瞰し、的確な指示や協力が仰げるか。

なんだか人間力も重要な気もします。


自分も秋山課長にチャレンジしてみたい!という方は、ぜひ岡村さんまで。

忙しくてもほかの案件をすべて捨て、最優先で対応してくれるはず。

も~っと!さくらNet

さくらコマースの「中」から「外」へ! 社内ネットに留まらず、もーっとさくらコマースを発信するブログです。